ブラジルのコーヒー農園(クラウジオ・コンゴニアス農園)

この木は種まきされてから、1年目。来年には、もうコーヒーの実が収穫できます。一般的には4~5年で収穫できるのですが、ブラジルでは農法技術の進歩により、2年目から収穫できます!

 

こちらが、完熟のコーヒーの実!美味しいコーヒーの秘訣は ”完熟”

 

これが収穫機です!!コーヒーの木がまっすぐに一列に並んで植えられているのは、この機械で収穫するためなのです。

 

人の大きさと比較してみましょう。この白髪のおじさんは180cmくらいの背丈でしたので、この機会がとても大きいことがわかります!
金髪のお姉さんのすぐ右側に見える”ギザギザ”は、機械を動かしたときに振動します!!ここをコーヒーの木が通り抜けていくと、”ギザギザ”の振動で実が取れて収穫される仕組みです。

2016年11月25日